読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toward ICT4D

青年海外協力隊 平成28年度2次隊 PNG コンピュータ技術職のなんたらかんたら

駒ヶ根生活35日目~振り返り~

C. 派遣前活動記 C1. 派遣前訓練記

派遣前事前研修も今日で35日目。

SVの方々は本日お昼に退所されました。

昨晩は生活班でSVの方とのお別れ会を開きました。

 

 

f:id:ict4d:20160810134357p:plain

 

 

 JVにとっては、今日が派遣前事前研修の折り返し地点です。

 

 

長いようで早い35日間、

中間時の感想をまとめようと思います。

 

 

 

1.日常生活について

毎日がタフワークっていうのが素直な感想です。

 

朝6:30から夜の10:00までやること尽くしで、

そこに自主講座の企画や、卒業アルバムの作成、ミーティングなど

やることを挙げるとキリがないです。

 

でも、不思議ときついけどきつくない。

きっと、同じ意識で、みんなと共有できているからだと思います。

 

 

ぼくは人見知りでコミュニティを築くまで時間がかかるので、
訓練所でも気ままにふらふらしつつ、たまにキョドってます。
でも、研修生はみんな本当に優しい!
やりたいことに対して手を挙げれば、みんなが協力してくれ、
なにかあればお互いに励ましてくれて、相談もがっつり乗ってくれます。


 
もちろん人間関係なのでいいこと悪いこと、たくさんありますが、
いろんな人に支えてもらっているといことをビンビン感じるので
その恩返しと思うと、忙しくても、自主講座もアルバム委員も
やり切りたい!って思えます。

 

 

2.できたこと、できなかったこと

 ・できたこと

   自主講座開講*2 回

   委員会への参加

   アルバム作成委員の立ち上げ

   中間時語学テストで結果を出す

    パワポスキルの向上

 

 ・できなかったこと

   現地活動内容の明確化

   帰国時の進路について考える

   参加理由の明確化

   JOCVについて包括的に説明できる英語スキル

   授業設計スキルの向上

   大きなコミュニティの中での人間関係の構築

 

 

できたことから見ると、対外的に打ってでる活動を中心に結果を残せました。

逆に時間に追われるあまり、個人的に考えたい内容については手を付けられなかった印象です。

できなかった点から振り返って、後々に回す意味ではないですが、

次の35日では初めの半年の活動内容の方向性を明確化しようと思います。
 

3.JOCVに参加するメリット・デメリット

 

 

( 明日の宿題が終わってないので、また追って追記・修正しようと思います。)

広告を非表示にする