Toward ICT4D

青年海外協力隊 平成28年度2次隊 PNG コンピュータ技術職のなんたらかんたら

【PNG342日目】パプアニューギニアの伝統料理 アイギル

パプアニューギニアの日常シリーズ : 2017/09/12
日本へ一時帰国する前日、生徒たちがアイギルを作りにきてくれました。

 

 

パプアニューギニアの伝統料理 アイギル

 

f:id:ict4d:20180301160043j:plain f:id:ict4d:20180301160137j:plain

アイギルとはこんな感じの料理。
葉物野菜やトマト、イモ、鶏肉、魚などの食材のココナッツミルク煮のような料理で、日本人が食べても十分に美味しいです。調理方法が特徴で、焼き石で調理。だいたい一緒に直火で焼いたバナナがついてきます。トーライ族の中では日常的に食べられていますが、とてもハイカロリー。トーライ族のいる東ニューブリテン州はアイギルの力もあって、パプアニューギニアの中で2番目の肥満州です。

 

 

f:id:ict4d:20180301160641j:plain

そんなわけで、任地ココポでの一年目の活動が終わり、一時的に日本に帰国することを仲のいい生徒に伝えていたら、帰国前日にぼくの家にアイギルを作りに来てくれました。

 

 

アイギルの作り方はこんな感じ

 

まずは、自宅の庭で火をおこしつつ、皮つきバナナと石を焼いていきます。

f:id:ict4d:20180301160726j:plain

 

 

石を焼いている間に野菜の下ごしらえ。

f:id:ict4d:20180301161510j:plain

 

 

ココナッツミルクを絞っていきます。

 

 

バナナが焼けたら皮を剥きます。めっちゃ熱いです。

f:id:ict4d:20180301161647j:plain

 

 

バナナを剥きつつ、こっちは調理器具の作成。

 

 

石もあったまったので、ここから焼き石調理。
途中、鍋が小さくて生徒にディスられます。

カメラくるくる回転して少し見にくいです。

 

 

様子を見つつ、焼き石を追加。

 

 

やることもないので、生徒とDJごっこ。

 

 

そんなことをしている間にアイギルの出来上がり。

f:id:ict4d:20180301162519j:plain f:id:ict4d:20180301162814j:plain

 

 

 

実食!!

 

ということで自宅に上がって、遅めのお昼ご飯。

 f:id:ict4d:20180302103855j:plain f:id:ict4d:20180302103950j:plain

 

 

そして、いつもやってる撮影会。

f:id:ict4d:20180302104129j:plain f:id:ict4d:20180302104222j:plain

f:id:ict4d:20180302104412j:plain 

 

 

一時帰国前、生徒たちが自分たちで準備して伝統料理を作ってくれ、いい思い出の一日になりました。