Toward ICT4D

青年海外協力隊 平成28年度2次隊 PNG コンピュータ技術職のなんたらかんたら

パプアニューギニアでIT資格受験とテストセンターについて

ここ最近、活動、隊員総会、資格取得といろいろ忙しくて、あんまり更新できていないこのブログ。今後は、できるだけ1週間1本のペースに戻したいと思います。今回は、今月上旬、首都上京に合わせて資格試験に挑戦てきたのでそのまとめ。

 

  

パプアニューギニアでIT系資格に挑戦した話

SEならよく分かると思いますが、IT系職種は業務上たくさんの資格を持ってます。ぼくは、CCNA/CCNA Wireless/JUNOSとかたぶん7-8個くらい。その中でもCISCO社の資格はSE業界ならだれでも知ってますよね。
今回合格したのはネットワークに関する資格のCCNP ROUTE。ネットワーク機器メーカー最大手のCISCO社が実施している資格でエントリー資格のCCNAの上位資格にあたります。20代でCCNPを取得すれば「おお、勉強がんばったんやね」って感じの資格。CCNP Switch、CCNP Route、CCNP Tshootの3つ合格することでCCNPという資格が与えられます。資格の有効期限は3年間。協力隊参加前の2015年9月にCCNP Switchを取得したので、ちょうど任期満了1週間前が失効期限です。今年の年始くらいまでは、失効してもいいかなーと思ってましたが、いざ調べてみるとぎりぎり間に合いそうなので取得することにしました。

 

めっちゃどうでもいい話、知ってる人は知っているPing-t。このPing-tで初めて踏んだキリ番の爪痕が残っています笑。

 

f:id:ict4d:20180724172433p:plain

 

 

パプアニューギニアのテストセンター

「さすがにパプアニューギニアで受験は無理かな」って思っていたCCNP。ダメ元でテストセンターを探してみたところ、パプアニューギニアにもありました!場所は首都ポートモレスビーパプアニューギニアで最大手のIT企業のDatec本社で受験できるとのこと。都内なら数キロ圏内に何件ものテストセンターがヒットしますが、ここはパプアニューギニア。最寄りのテストセンターまで約500kmとなっています。

f:id:ict4d:20180724171840p:plain

 

ちなみにもう一軒は、Institute of Business Studiesということで同じくポートモレスビーの専門学校。3件目は国境を越えてオーストラリア。距離にして1500km。1500km... Datecは首都に上がるたびに行っていたので、今回は馴染みのDatecで受験しました。

 

Datecの場所はこのあたり。PNG在住の方なら必ずいくビジョンシティから車で5分くらいです。

f:id:ict4d:20180724172621p:plain

 

 

試験当日

Datecテストセンターの入り口はこんな感じ。

f:id:ict4d:20180724172016j:plain

 

f:id:ict4d:20180724172516j:plain

全面ガラス張りで入口が分かりにくいですが、近くにいる警備員のあんちゃんに「テスト受けに来た」っていうと優しく教えてもらえます。

 

中は普通のテストセンター。受付はパプアニューギニアの方ですが、IT関係ということもあってインド人、オーストラリア系も多いです。身分証明はパスポートとクレジットカードで大丈夫でした。

 

予約時刻が12:30で、余裕をもって12時前に現地に到着。
「時間になったら案内するね」と最高の笑顔で受付のお姉ちゃんから案内を受け、
まだかな?まだかな?とソワソワしながら待っていても案内されません。
12:40過ぎについに「12:30開始予定だけど大丈夫?」と聞いてみたところ、
「忘れてた?」と最高の笑顔で言われてついに試験がスタート。

 

その後の流れは日本のテストセンターとおんなじ。写真を撮り、署名をし、テストルームで試験を選択して試験開始。気になったのは、試験室が4.5畳くらいの部屋にパソコン5台置いただけの密室で、メモ用紙はホワイトボードじゃなくて普通の紙5枚とペンでした。

 

 

結果は?

お陰様で無事、CCNP Rote 合格。

 

f:id:ict4d:20180724173442j:plain

 

受験した感想は、パプアニューギニアというお国柄、受験言語が英語しか選択できないんですが、英語での受験はやっぱり難しいですね。しかも初めての場所&受験までスムーズにいくのかという不安もあってかなり緊張しました。

 

パプアニューギニアでどの試験を受験できるのか詳しく調べていないので分からないですが、試験会場の雰囲気的に(パソコン5台の密室ですが)、ワールドワイドに展開している企業主催の試験で日本のテストセンターで受験できるものなら大抵大丈夫なんじゃないかと思います。さすがにIPAのITパスポートとかCISCO社のCCIEとかは無理だと思いますが。Pearson Vueで受験会場を「Papua New Guinea」で検索すればDatecが出るので興味のある方は一度調べてみてください。

 

 

帰国まで残り2ヵ月ちょっと。CCNP Switch失効まで残り2ヵ月。任地での活動も頑張りつつ、パプアニューギニアCCNPを取得した初めての日本人というなんか微妙な肩書を目指して、CCNP Tshoot頑張りたいと思います!

 

 

【2018/09/01更新】
先週から首都に再度上京し、CCNP Tshoot受験してきました。で、無事に合格!4月から続けていた勉強からやっと解放されました。よかったーー!

f:id:ict4d:20180901102051j:plain

 

 

⇩⇩⇩合わせて読みたい記事はこちらから⇩⇩⇩