Toward ICT4D

青年海外協力隊 平成28年度2次隊 PNG コンピュータ技術職のなんたらかんたら

パプアニューギニアの通貨 kina への両替方法

パプアニューギニアのお金 キナ。両替方法を調べてもほとんど出てきません。ここではそんなパプアニューギニアの通貨 kina の両替方法についてまとめます。

 

 

パプアニューギニアの通貨 キナとトヤ

アメリカはドルとセント。イギリスはポンドとペンスと分かれているように、パプアニューギニアの通貨はKina(キナ)とToya(トヤ)の2種類があります。1kina = 100toyaです。貨幣は紙幣と硬貨の2種類。

 

紙幣は100kina、50kina、20kina、10kina、5kina、2kina札の6種類。オーストラリア統治であったのが理由だと思いますが、紙幣はビニールポリマー紙幣(プラスチック紙幣)。

http://www.haris.dk/images/thumbs/0001358.jpeg http://www.atsnotes.com/catalog/banknotes-pictures/papua-new-guinea/papua-new-guinea-21.JPG

100kina札にパプアニューギニアの特色と工業化の願いを込められた絵が描かれています。50kina札は建国の父、ソマレ前大統領。その他の紙幣には800はいると言われる各部族が描かれています。背面はパプアニューギニアの国会議事堂です。

 

 

硬貨は1kina、50toya、20toya、10toya、5toyaの5種類。

https://i.ytimg.com/vi/lFeqiLIFMeQ/maxresdefault.jpg

以前は1toya、2toyaもありましたが現在廃止(写真の銅硬貨)。5toyaコインもここ2年間でほとんど見なくなってきたことから、近々廃止されるかもしれません。ちなみに20toyaコインで500円玉越えのサイズです。コインが貯まるとかなり重いです。

 

これは余談なんですが、パプアニューギニアの貨幣ってどこで作っていると思いますか?

 ⇩

 ⇩

 ⇩

正解はこちら!

f:id:ict4d:20180916223058p:plain

 f:id:ict4d:20180916223118p:plain

 

紙幣はオーストラリア。硬貨はカナダ。国内ではなく外国で外注しているようです。

 

 

日本円 ⇔ パプアニューギニア キナの両替方法

日本円対パプアニューギニア キナの為替レート

2018年9月14日時点の為替レートは以下の通り。

f:id:ict4d:20180916201903p:plain

 

 

 

日本円 → パプアニューギニア キナへの両替方法

パプアニューギニア キナへの両替所は知っている限り1箇所のみ。パプアニューギニアの国際空港、ジャクソンモレスビー空港国際線ターミナルのBSP銀行両替所だけです。日本国内で日本円 ⇔ パプアニューギニア キナの両替を行ってくれる両替所はなさそうです。

  

ict4d.hatenablog.com

 

BSP銀行の両替レートは以下のサイトから確認できます。

 

f:id:ict4d:20180916193249p:plain

Currency Converter - Bank South Pacific - PNG

 

 

2018年9月14日時点の両替レートは以下の通り。

f:id:ict4d:20180916195747p:plain


日本円紙幣(Note Buy)から両替すると1キナ = 40.79円とかなりレートが悪いです。トラベラーズチェック(TT Buy)であれば1キナ = 33.93円と悪くありません。A/M BuyはBSP銀行に問い合わせてみましたが、返信がないため、なんなのか分かりません。たぶんATMから国際キャッシュカード(VISA、PLUSなど)で引き落とす際のレートだと思います。

 

サイトを下にスクロールすると両替レート計算機があり、使いやすいです。

f:id:ict4d:20180916194125p:plain

 

その他、ポートモレスビーのショッピングモール Vision Cityにも2件ほど両替所が入っています。残念ながら、両替所の電光掲示板に日本円の表示がないですので、対応可能か不明です。

また、他のサイトを見ていると大都市ホテルでの両替可能とありますが、実際は微妙なところです。ホテルが両替可能と掲げていても、現地に行ってみると「やっていない」と情報が錯誤しているケースもよくあるので、オススメはできません。

 

 

パプアニューギニア キナ → 日本円への両替方法

パプアニューギニア キナを日本円へ両替する場合も同じ国際線ターミナルのBSP銀行両替所がオススメです。

 

※注意点

日本からパプアニューギニアへの渡航者は少なく、BSP銀行両替所で日本円が売り切れている場合がよくあります。また、経験上、一回の換金の上限は10万円まで。1万円札以外の紙幣に対応しているかは不明です。

もし日本円が売り切れていた場合、香港ドルかタイバーツ、フィリピンペソへの両替がレート的にオススメです。一旦、他国通貨へ両替した後、日本で再度両替しましょう。日本にも様々な両替機関がありますが、調べた限り、外貨宅配サービスの外貨両替ドルユーロが簡単でレートもよさそうです。意外にもオーストラリアドル、米ドルは両替レートがよくありません。

 

 

2018年9月14日時点の両替レートは1キナ = 33.37円。1万円 = 300キナです。
以前両替したときは1万円 = 304キナだったので、日本円へ両替する場合は余裕をもって多めにキナを準備するのがいいでしょう。

f:id:ict4d:20180916192857p:plain

 

 

キナを日本円へ換金する場合、国際線 出国審査後のショッピングエリアにも両替所があります。しかし、換金レートはかなり悪いのでやはりBSP銀行両替所を利用するのがいいでしょう。(2017年9月時点では1kina=28円ほどだったと思います)

 

 

 

 

⇩⇩⇩合わせて読みたい記事はこちらから⇩⇩⇩